ノブナガ・ザ・フール 壁紙

あらすじ

宇宙が混沌としていたある時代、「西の星」と「東の星」という2つの星があった。西の星は単一国家として統治されているが、東の星はまだ群雄割拠が続く戦乱の世が続いていた。
西の星に住む少女ジャンヌ・カグヤ・ダルクは夢を見ていた。それは西暦1431年のフランス、聖女ジャンヌ・ダルクが魔女の烙印を押されて火刑に処されている姿。燃える劫火の中でジャンヌが見たものは、150年も先の西暦1582年。場所は東洋の島国日本の寺院、本能寺。小姓の視点でそれを目撃したジャンヌの目の前に立つ男は戦国大名・織田信長であり、彼もまた最期の時を迎えようとしていた。信長は小姓を「蘭丸」と呼ぶとまた来世で会うことを約束し、炎に飲まれた。その瞬間、信長も蘭丸の中にジャンヌ・ダルクの面影を感じる…という夢だった。ジャンヌはこれまでにも何度も同じような夢を見ており、近隣の住民からは「悪魔憑き」というあだ名を付けられていた。その噂を知った学者のレオナルド・ダ・ヴィンチは、ジャンヌの夢の意味を確かめるため、彼女を伴って船乗りのマゼランが持つ星船を奪い、東の星へ旅立つ。

声優

オダ・ノブナガ:宮野真守
アケチ・ミツヒデ:櫻井孝宏
トヨトミ・ヒデヨシ:梶裕貴
イチヒメ:茅原実里
オダ・ノブカツ:島﨑信長
アサヒ:安野希世乃
ウエスギ・ケンシン:七海ひろき
タケダ・シンゲン:小山力也
ヒミコ:東山奈央
ジャンヌ・カグヤ・ダルク:日笠陽子
レオナルド・ダ・ヴィンチ:杉田智和
ガイウス・ユリウス・カエサル:中村悠一
アレクサンダー:中井和哉
マゼラン:松岡禎丞
ネル:木戸衣吹
ビアンキ:石田晴香

壁紙